BLOG

  • 2022年 秋分

    また台風が近づいている。
    外は雨、雨音が少し激しくなってきた。

    今日は秋分。これを読んでいるあなたにとって、どのような1日でしたか。

    こうした季節の変わり目の時は、体調も心もグラグラするもの。
    体が丈夫な私は、心の方がゆれるのが毎回のパターン。

    心穏やかに、気分良く過ごす。そうしたいのは山々だけど、、
    分岐点の日、切り替わりポイントだと思うと、いい日にしようと気合も入りがち。
    そうしているほど、かえって心がゆらされるような事が起こる。

    以前の私は、なんとかせねば!ともがいてはよけい溺れる。と、そんな感じのことをよく繰り返していた。
    なので、もう最近は諦めておとなしく過ごすようにしている。

    グラグラ揺れる時、それはデトックスをする時。と思って、降参するしかない。

    感情のデトックス。 瞑想したり、紙に思うことを書き出したり。
    ※何かを改善しようとしてするのではなくただ出す

    今のままではいけないと思うのではなく、今をつぶさに見つめること
    どんな自分の感情も感じ切ること
    ジャッチせず、全部を丸ごと受け入れる

    なんだか瞑想と同じだ。

    苦手だろうがなんだろうが、とにかくやる。それしかない。
    遠回りのように思えても。

    自分を見つけてあげることが、自分を整えることに繋がっている。
    自分を知り、自分を受け入れるのは、手放すこととイコールなんだと思っている。

    今日、心の声にじっと耳を傾けていたら、こんな人になりたいんだという小さな声が聞こえた。

    ”そうか。それなら、、そういう人になれるよう一緒に歩こう”

    そう思えた時、そう思って欲しかったことに初めて気づいた。

    どんな自分でも私に受け入れて欲しくて、素直でいたくて、
    でもこういう人でありたいという理想も持っていたいんだね。

    この事を忘れたくないという気持ちもあり、
    書いて残してみる。

    来年の秋分にこの文章を読み返した時、何を思うんだろう。

    2022年 9月23日

  • タロットセッションの感想

    お客様からの、ではなく、私の感想です。

    タロットセッションでお客様の話を聞いていると、過去の自分のことをよく思い出します。”過去”と言うより、つい最近の自分と言った方がしっくりくるかもしれません。

    目の前にいる人は、もちろん自分とは違う人なのだけれど、なにか繋がっているところがある。そう感じます。

    その”なにか”があるから、私自身が何度もお客様とのセッションによって救われているし、それは本当にありがたいことだと思います。

    先月のセッションで、以前の私と似ているなぁと強く感じさせられるような、印象深いお客様がいらっしゃいました。
    そしてなんとなく、象徴的な感じがしたのです。

    私のセッションを受けてくださった方や、セッションを受けてみたいと思ってくださっている方は、どこか共通するところがあるんじゃないかという思いもあり、
    その時のセッションを振り返って文章にしてみたのですが、最終的にラブレターのような形になりました(笑)

    これを読んでくれた人の心が、少しでもホッとしてくれたらなぁという願いを込めて。

    **********

    birth tarot で見たあなたの持って生まれた性質は、一言で言うなら ”浮世離れした人”

    おとぎの国のお姫様みたいに、美しい世界に住んで、
    努力とか忍耐という言葉とは無縁の方がいい。という感じです。

    あなたが楽しんでいたり、笑っているだけで、周りもご機嫌になって、なんだか幸せを感じてしまう。
    好きなことだけやっていたら、それで全てOK。本当はそんな人。

    けれど、これまで生きて来た世界では、好きなことだけなんて許されない。そんな空気で満ちていたのでしょう。

    あなたはとても疲れてしまっていて、元気だった頃の自分を忘れかけているように見えました。
    (それでも、あなたの本質的な可愛らしさは全く失われていないので、真剣に聞きながらもつい爆笑してしまったりと、とても楽しい時間でした)

    働かないといけない、
    自立しないといけない、
    何かの役に立たなくてはいけない、

    そんな風に考えて、必死で頑張って来ましたね。

    ですが、至らないところや悪いところを直そうという目で自分自身を見ていると、
    あなたの中にいる小さなお姫様は塔の中に隠れてしまいます。
    そうすると、お互いの声はどんどん遠くなって聞こえづらくなってしまうんですね。
    やがて、自分がなにをしたいのかが分からなくなってしまう。
    (でも、2人は決して離れることはないから、声を聞こうとさえすれば大丈夫なのですが)

    あなたに悪いところなんてありません。
    至らないところなんてありません。
    自分を良くするために直さなくてはいけないことなんて、何もないんです。

    まずはそのことを知ってください。

    周りが求めていることに応えようとしたこと、
    頑張ろうとしたこと、自分を変えようとしたこと、もっと強い人になろうとしたこと、
    それは全てが愛おしく、尊いことだと、そう思います。

    でも、

    あなたがやるべきことがあるとするなら、

    心の声を聞くことです。
    小さなお姫様の声に耳を傾けてあげてください。

    きっとその声はとても小さいでしょう。なかなか聞き取れないほどに。

    それでも、”このことかも!?”と思ったことを少し行動に移すだけで、とても満足している自分に気づけるはずです。

    小さなお姫様は、小さな頃のあなたです。
    小さな頃、どんなことをして欲しかったですか?
    どんなことを望んでいましたか?

    少しずつ、少しずつ、取り戻して行きましょう。

    迷った時、不安になった時、いつでも呼んでください。
    私も一緒にその声に耳を傾けます。

    小さなお姫様からの呼びかけに答えられるように。

    HAURA