BLOG

  • Nude Veritas

    以前 Instagramにも投稿したことがあるのですが、クリムトの”ヌーダ・ヴェリタス 裸の真実”という作品は私にとって特別な絵です。

    高校生の時に無性に一人で観に行きたくて美術館に行き、長い時間この絵と向かい合っていたことが、まるで夢の中の出来事のようでした。

    その美術展のタイトルは「象徴派展」。
    (象徴派とは、目に見えない世界を象徴的に表現しようとした流派です)

    過去と現在を繋いでいる、というだけではなく、私のテーマがこの絵には詰まっているような気がしています。

    真実を表す鏡(水晶の説もある)を持った裸の女性の絵。

    そして絵の上の部分には、詩人であるシラーの言葉が刻まれているのですが、

    「汝の行いと芸術で多くの人々を満たせないなら、少数の人の真の喜びのためにそれを成せ。万人に好まれようとするのは罪悪である。」

    という意味であることを初めて知ったとき、表現や芸術に対するとても強い意志を感じはしたものの、自分とは関係が無いことのように思っていました。

    けれど、やっぱりこれは私に対するメッセージだったと、今ではそう思います。

    「多くの人に好かれようとして自分を偽るのではなく、真の自分を見せてゆけ」

    ずっと自分のことを、「私はどこかおかしい人間なんだ」と思っていました。
    ここに居てはいけないような、、、どこにいても自分の居場所がない、そんな感覚。

    ここに居ていいんだと思えるようになるには、社会に必要とされなくてはいけない。
    その為にも自分を良くしていかなくては、自分を変えなくては、違う自分にならなくてはいけない。
    ずーっとそんな感じでした。

    けれど、私に必要だったのは、そのままの自分を受け入れる”surrenderー降伏する” ことだったのです。

    社会に適応できないのが私なんですね。でも、社会の外にいるからこその視点を持つことができる。
    それが私の魂の目的なのかなと、そう思っています。

    降伏するというのは、ただ諦めるというより”宇宙にお任せする”という方がしっくりきます。

    私は”ダメなところを改善するため”にタロットをするのではなくて、”宇宙の意図を知って、委ねるため”にしている。

    委ねるのが苦手な私のところに、真実を表わす鏡の役割として来てくれたのがタロットカードなのです。

    似たタイプの無敵なふたり・・・

  • 時間の流れと、永遠

    桜を見ると、様々な過去の記憶がよみがえる。
    ほとんど無意識に、勝手に映像が再生されていく。

    桜の花の美しさに感動しながらも、胸が苦しくなるのは、
    (年齢を重ねたことも理由の一つなのだろうけど、、、)
    桜が満開の季節に起きた、悲しい出来事が思い出されるからなのかも知れない。

    20代の頃、当時とてもお世話になっていた方が、自死で亡くなった。
    斎場に向かう途中、何度も見掛けた満開の桜の花と青い空が、自分の心の状態とあまりにチグハグで、
    私をすっかり置いてけぼりにした。

    時間薬という言葉もあるように、
    時の流れの中で、だいぶ気持ちは変化してきた。
    それでも、
    桜を見た後に残るのは、”なんだか切ない、悲しい” という感覚。


    時を経て分かったのは、
    悲しみが消えて無くなることはないということ。
    そして、
    ずっと同じ悲しみを抱え続けるのもまた、無理なことなのだということ。
    私は忘れたくなかったし、忘れてはいけないと思っていた。

    けれどそれは、いつまでも悲しみに浸っていたいだけなのかもしれない。
    自分を許さないことで、過去に閉じこもっていたいのかもしれない。

    まるで、桜が満開の季節が永遠に繰り返されると錯覚しているような気もして、
    何か違う、つい最近そう思えた。


    時は常に流れていて、止めることも、戻すこともできないけれど、
    過去に起きた出来事の意味が、書き換えられるようなことが起こることがある。

    その、起きた出来事の意味を書き換える力は、過去にも未来にもなく、
    自分自身が、今を生きることの中にある。

    そんなことを考えるのと同時に、

    理由も意味も、何もわからないままでも良い。とも思っている。

    わからないことを、まるごと受け取ることがでれば、それでいい。