手紙、未来、過去、そして今

9月が終わり、10月になりました。
またガラリとムードが変わったように感じます。
2020年はなんだか不思議な時間の流れ方をしている。そう感じているのは私だけではないはず・・・

9月、愛猫の怪我による緊急手術という衝撃的なスタート。
それを皮切りに、私が抱える課題が一気にドカンとやって来ました。

人は無意識に自分に都合の悪いものをみてみぬふりをするもの。そして、
無理して平気なフリをしているんじゃない?と、まるで試すようにように不意を突かれるようなことが起きる。

ぶっちゃけてしまうと、めちゃんこ不安になっていたんですよね。
7月、8月、このホームページを作るために、自分なりにいろいろやってきて、
それでも、
私が今できる最善とは?もっとできることがあるんじゃないか?
本当に大丈夫か?と、恐がって疑っていたんです。
9月までに!と追い込まれていたのかなぁ?YouTube見過ぎたかも。

力がギュッと入っている感じ。
「急がなきゃ、急がなきゃ、私はもっと頑張らないと。」←これ無意識です。
本人は、この感情、思考に蓋をしていました。

セルフリーディングでは、ソードの4という休息のカードが出ていました。
”休みなさい・瞑想しなさい” というような意味のカード。
そして、オラクルカードでは ”怒りを解放しなさい” というカードが何度も出ていました。

自分のことをリーディングするのって、本当に難しい。ですが、たとえ後からでも得る気づきは大きい。

今になって思うのは、私は感情を出したかったんですね。誤解を恐れずに言うならば、泣きたかったんです。

手紙の企画は、私がある映画に心底感動したことで動き出しました。(スイッチが入ってしまった)
時間がかかること、待つことが苦手な私。いつもすぐに答えが欲しい。
でも、生きていると分からないことだらけだし、答えも真実も、あるとしたら自分の中にしかない。
なのになかなか自分を信じてあげられない。

時間がかかる事を私は肯定したい。すぐに分からないからこそ、伝わった時に深く心に残ることがあるってことを体験したい。
だから、手紙のやり取りをしてみたくなったんです。
休息のカードの意味を気にしつつも動き出してしまった。

手紙の企画をやっている時、何度も泣きました。私はバカなのかな?と思いながらも、
手紙を読んで泣いて、泣きながら返事を書く日々。

情緒不安定か、とツッコミを入れられそうですが・・・。意外と心は静かで、
これが今の私に必要だったんだなと感じていました。

休養になったのかは謎ですが、自分がやりたいと思ったことに没頭するというのは、きっと癒しなんです。
エネルギーをチャージする方法は人それぞれなんじゃないかなと。

そして思いがけず得た収穫は、勇気を出すことが一番自分に力をくれるんだということに気づいたこと。
頑張りたいと言うより、勇気を出したかったんですね。

不安になってもいい、自分を信じられなくってもいい。そんな事は仕方がないこと。それでも、やりたいことをやってみる。

そうすると力が湧いてくる。
※この”やりたいこと”っていうのがミソで、大抵ここを勘違いしてること多いんだけれど

失敗するかもしれない、でもやりたいことをやっちゃう。
そして、実際にやってみて実感できると失敗しても納得できて、そこに後悔はないんです。

うまくいくか、いかないかは問題ではない。やりたいことがあるなら、やったほうがいい。
当たり前のことを言っているようですが、人って驚くほどやりたいことを我慢しているんじゃないかな。
我慢させられているって思っていたり。

だから、人生うまく行っているように見える他人に対してやっかみがある人は、
私は我慢しているのに。っていう気持ちからなのでは。

「いろいろなやり方がきっとある。だから、もう我慢をやめるんだ。」

そう自分に言ってやりたい。そんな 今 です。

怪我はすっかり良くなりました!


手紙、未来、過去、そして今」への2件のフィードバック

  1. 気がつくと日常的に自分に早くやらなければ、ちゃんとやらなければとプレッシャーをかけて緊張状態にあり体に力が入っています。
    今私がこれをやり続ける目的は何だろう?とノートと向き合っているところです。
    今やりたいことがもしかしたらずれているかもしれないけど、これも実験。
    初めて自分で最初から最後までやり通してみる。
    勇気をだして実験してみます!

    1. あぁやさん、コメントありがとうございます。
      目的を掘り下げるの大事ですよね。。。
      自分で実験することに意味がある。実感したいんですよね。答えだけもらっても、ぴんとはこない。
      勇気をだすこと、いくつになっても必要なんです。きっと。
      もしかしたら、大人と言われる年齢の人こそ必要なのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA