2022年 秋分

また台風が近づいている。
外は雨、雨音が少し激しくなってきた。

今日は秋分。これを読んでいるあなたにとって、どのような1日でしたか。

こうした季節の変わり目の時は、体調も心もグラグラするもの。
体が丈夫な私は、心の方がゆれるのが毎回のパターン。

心穏やかに、気分良く過ごす。そうしたいのは山々だけど、、
分岐点の日、切り替わりポイントだと思うと、いい日にしようと気合も入りがち。
そうしているほど、かえって心がゆらされるような事が起こる。

以前の私は、なんとかせねば!ともがいてはよけい溺れる。と、そんな感じのことをよく繰り返していた。
なので、もう最近は諦めておとなしく過ごすようにしている。

グラグラ揺れる時、それはデトックスをする時。と思って、降参するしかない。

感情のデトックス。 瞑想したり、紙に思うことを書き出したり。
※何かを改善しようとしてするのではなくただ出す

今のままではいけないと思うのではなく、今をつぶさに見つめること
どんな自分の感情も感じ切ること
ジャッチせず、全部を丸ごと受け入れる

なんだか瞑想と同じだ。

苦手だろうがなんだろうが、とにかくやる。それしかない。
遠回りのように思えても。

自分を見つけてあげることが、自分を整えることに繋がっている。
自分を知り、自分を受け入れるのは、手放すこととイコールなんだと思っている。

今日、心の声にじっと耳を傾けていたら、こんな人になりたいんだという小さな声が聞こえた。

”そうか。それなら、、そういう人になれるよう一緒に歩こう”

そう思えた時、そう思って欲しかったことに初めて気づいた。

どんな自分でも私に受け入れて欲しくて、素直でいたくて、
でもこういう人でありたいという理想も持っていたいんだね。

この事を忘れたくないという気持ちもあり、
書いて残してみる。

来年の秋分にこの文章を読み返した時、何を思うんだろう。

2022年 9月23日

2022年 秋分」への2件のフィードバック

  1. いつもHAURAさんの言葉に光をいただいています。
    背筋が伸びたり、ホッとしたり。チカラを届けていただいたり、あたたかさを心に灯していただいたり。
    感謝の想いをお伝えできる場があるんだ、と知り、気持ちが旬のうちにコメントいたしました。
    ありがとうございます、の気持ちをぎゅうぎゅうに詰め込んで。

    1. 私の方こそ、Kさんのコメントから光を渡していただきました。ぎゅうぎゅうに詰まった気持ち、確と受け取りました!ありがとうございます♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA