海へ

波打ち際の泡のように

浮かんでは消える

悲しい気持ちも

過去からふいに押し寄せてくる

後悔の波も

海へ還してしまおう

本を閉じるように、ここら辺で一区切り

目を閉じて、ゆっくり息を吐いてから

もう一度ページを開けば

未来から届く、光を見つけられるはず

そうしてまた

新しく、物語のつづきが始まる

tale / tarot by the sea

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA