あの日のハクビシン

つい先日、帰宅途中に夜の住宅地を歩いていた時のことです。
なんとなく目線を前方の斜め上に向けると、電線の上を器用にスイスイと歩く動物のシルエットが。
『猫?ではない!・・・ハクビシンかな?』

なんとか姿を確認しようと電柱に近づいたとき、私のことに気がついたようで、
こちらに顔を向けたまま、ピタッと動きを止めました。両者睨み合いです。
暗くてハッキリとは見えませんが、やはりハクビシンだなと私は確信しました。

家に着いたとき、先に帰宅していたパートナーにハクビシンと遭遇したことを話しました。
「電線を伝って歩いていたよ!」 そう私が言うと、「嘘でしょ。。」と真顔でつぶやきました。
それはありえない、とでも言うような、変な反応です。

「猫と同じくらいの大きさだし、慣れた感じだったよ?」と妙だなぁと感じつつそう言うと

「猫? 犬じゃなくって??」 とまたしてもおかしな反応。
あ、何かと勘違いしているな。と思った私は、スマホの画像検索でハクビシンの写真を探し、彼に見せました。
これでスッキリ解決!と思っていたら、そこから思わぬ方向に話が進んでいったのです。

写真を見た彼は、なんとも言えない表情で

「前住んでいたところで借りていた駐車場で、ハクビシンを見たって話し覚えてる?」と聞いて来たのです。

そう言われると、確かにそんな話があったことを私は思い出しました。
「そういえば前にそんなことあったね!それならわかるでしょ、ハクビシン。」
「俺が見たの、コリー犬くらいの大きさの生き物だったんだけど。。。」
「???」

彼の話を再現すると

その日は仕事で自分の車を使い、夜の23時頃に駐車場に着いたのだそう。(普段はバイク通勤)
疲れたな〜と、すぐに車から降りずに運転席でしばらくボーッとしていると、
白い、犬のような生き物が視界に入って来たのです。

『犬?でも犬じゃないような、、、 なにあれ??』

そのままとりあえず様子を伺っていると、
コリー犬より少し大きめで、フワフワした白い毛に覆われた動物が、
迷うそぶりもなく真っ直ぐにむかって来て、隣の車との間を通り過ぎていったのだそう。
ちなみに、車の中にいた彼には気がついていない様子だったそうです。
駐車場のすぐ裏手が大家さんのご自宅なのですが(木々が鬱蒼としている大きなお宅)
その敷地の中に入っていったとのこと。

そして帰ってすぐ私に話したのです。
(顔が)長くって、白っぽい、犬みたいな動物を見た!!と、
私は長い、白い、というキーワードから、ハクビシンじゃないか
と言ったのですね。
彼は、それっぽい名前に妙に納得して、そうか、あれがハクビシンか!と思い込んでしまった。

「そうか〜、あれはハクビシンじゃなかったんだね!
じゃあいったいなんだったの??」
『。。。。。。』

その時の話を詳しく聞くほどに、あれは動物ではなく、普通は目には見えない類の存在に思えました。

パートナーは、小さい頃から度々こういう不思議体験をしているタイプ。
私はそうした話を聞くたびに、羨ましいぞ!と思ってしまうのですが、
「 ”白い” っていうのが、なにか神聖な感じがするよね!」と いいな〜!のテンションで私がそう言うと、「目撃した時めちゃくちゃ怖かったんだけど、、、」と本人はぜんぜん嬉しくなさそうでした。。。

お互いに何年も勘違いしていたことが、
ふとハクビシンを目撃したことで新たな事実が発覚したという、変な時差のある不思議な出来事。

とくにそのあと何が起きたということもなく、
ただただ、あれは何だったんだ?というお話し。
オチがなくってごめんなさい。

日常と隣り合わせで、目に見えない世界は存在しているのだなぁという感動を覚えつつ、
不思議体験を求めすぎても、やっぱり引き寄せられないものなのだなと、毎年のように「UFOを見る」を一年の抱負に掲げている私は思ったのでした。

今年ももう無理かな。。。



タロットとの約束

タロットカードを使い始めたばかりの頃。 
唐突にメッセージをポンと受け取った。

それはアイデアを思いついた時の感覚に近かったけど、
私はタロットからのメッセージだったと思っている。

文章にすると、

「タロットカードをもっと身近に感じるように、宣伝をよろしく。」

という感じで、タロットに頼まれたような気がしたのだった。

まだ本を片手にタロットをしていた頃だから、ずいぶん図々しい話だと自分でも思う。
けれどこのことは、私の頭にへばりついてしまい、忘れることはなかった。

そして、
友達にリーディングを頼まれては、喜んで見ていたのだけど、
とくに私が勧めなくても、友人達は気がつくとタロットやオラクルカードを購入しているのだった。

現在こうしてお客様をリーディングさせていただくようになっても、
セッションの感想とともに、「私もタロットを買いました!」
という報告をよくいただいている。

そしてまた、
ここ最近、私の周りでタロットを始める人がさらに増えていると感じている。

みんな、どんどんリーディングを自分でして行くようになるんだと思う。

だから私が伝えられることがあるなら、余すことなくシェアして行きたい。

難しいことは私にも分からない。
それでも、相当飽きっぽい私がもう何年もリーディングを続けているのだから
誰でも楽しめるようになると思う。

本当に面白いんだ、自分や誰かをリーディングするのって。

少人数で、カードリーディングの会をやりたい。

遊ぶように学び、学ぶように遊ぶ。  ”HAURA ‘S ROOM”

いかがでしょう。

拝啓、愛しい私へ

「未来の私からの手紙」の企画に参加してくださった方から、
返事のお手紙が届きました。まさか返事をもらえるなんて思っていなかったので、とても驚きました。
しかもその手紙は少し不思議なタイムロスを経て、けれどもそれはやはりベストタイミングで私の手元へとやって来たのです。

私はずっと自分のことが嫌いでした。もういつから嫌いだったのか分からなくなるほどずっと。
自己否定なんて百害あって一利なし。そう思いながらもこの自分が嫌いという感情はとても根深かったです。自己否定をする自分をまた責める。もはや逃げ場がない状態。

自己啓発本を読みあさったり、心理学や哲学の本を読んでみたり、目に見えない世界に癒され、ヒプノセラピーの資格を取ってみたり。
自分を好きにはなれなくても、少しずつ少しずつ変わる事はできたのだと思います。
私はさらに貪欲になり、鎌倉山で学び、たくさんの新しい出会いと別れを繰り返し、自分自身を知って行きました。

それでも、無意識的に自分のダメなところを探す自分にふと気付きます。

いろんな勉強をして、整体に通ってみたり、占いや、ヒーリング、様々なセッションも受け、
私自身も、カードリーディングのセッションを行うようになって、
けれど、心臓に刺さった小さな刺がジリジリと痛むような、ソワソワ、モヤモヤする感覚がなくなることは無かったです。

もちろんそんな状態は常にではなく、定期的に、季節が巡るようにやってくる。
たんたんと自分を責める声。聞き慣れた声だから、ついずっと聞いちゃうんですよね。

”本当に大丈夫?今のままでいいの?いいわけないよね。なんかおかしくない?”
という声と、もういい加減にやめてくれ、という声が頭の中を行ったり来たり。
以前は責める一方だったから、これでも進歩したのですが・・・。
考えがまとまらず、やがてグッタリしてしまう。

そんな時に、お手紙が届いたのです。

本当に私がもらうにはもったいないようなお手紙でした。

そして、私は自分の伝えたかったことを共有できたような気がして嬉しかった。
手紙の文面から、受け取った感動がありありと伝わってくる。
完全に人と人がわかり合うなんてことはないとしても、
この手紙には、私と同じ気持ちが書いてありました。

そうしたら、じんわりと、その手紙は私に不思議な効用をもたらしました。言葉で表現するのが難しいのですが、
心になにか新しくスペースが生まれたような、そんな感覚。
ずっと握りしめていた自分自身を、もういいかな。と思えたような。。。

確信とか、そういうものはないのだけど、
ふわりとしていて、なにか優しい感じ。

自分のことを愛するのも、自分に優しくするっていうのも、正直よく分からないままでいても、それでも、

この、”もういいかな” で充分かなって思いました。

これもまたすぐ忘れちゃうのかもしれない。でも、たとえそうだとしても。
それでもいい、

過去の自分を、もう自由にしてあげてもいいんじゃないかな。何度も何度も確認して、自分てこんな人だって、忘れないように、嘘つきだと思われないようにって、そういうのは、

もういいんじゃないかな。

自分を解放せよ。

だから、あえて言おう。

拝啓、愛しい私へ 
自分を責めるのは、弱いからじゃない。泣くことは弱さじゃない。
涙を流すと、力が湧いてくることを私は知っている。

大丈夫。きっと全て良くなっていくから。

暗闇の中、見えていたのは君だった。

手紙、未来、過去、そして今

9月が終わり、10月になりました。
またガラリとムードが変わったように感じます。
2020年はなんだか不思議な時間の流れ方をしている。そう感じているのは私だけではないはず・・・

9月、愛猫の怪我による緊急手術という衝撃的なスタート。
それを皮切りに、私が抱える課題が一気にドカンとやって来ました。

人は無意識に自分に都合の悪いものをみてみぬふりをするもの。そして、
無理して平気なフリをしているんじゃない?と、まるで試すようにように不意を突かれるようなことが起きる。

ぶっちゃけてしまうと、めちゃんこ不安になっていたんですよね。
7月、8月、このホームページを作るために、自分なりにいろいろやってきて、
それでも、
私が今できる最善とは?もっとできることがあるんじゃないか?
本当に大丈夫か?と、恐がって疑っていたんです。
9月までに!と追い込まれていたのかなぁ?YouTube見過ぎたかも。

力がギュッと入っている感じ。
「急がなきゃ、急がなきゃ、私はもっと頑張らないと。」←これ無意識です。
本人は、この感情、思考に蓋をしていました。

セルフリーディングでは、ソードの4という休息のカードが出ていました。
”休みなさい・瞑想しなさい” というような意味のカード。
そして、オラクルカードでは ”怒りを解放しなさい” というカードが何度も出ていました。

自分のことをリーディングするのって、本当に難しい。ですが、たとえ後からでも得る気づきは大きい。

今になって思うのは、私は感情を出したかったんですね。誤解を恐れずに言うならば、泣きたかったんです。

手紙の企画は、私がある映画に心底感動したことで動き出しました。(スイッチが入ってしまった)
時間がかかること、待つことが苦手な私。いつもすぐに答えが欲しい。
でも、生きていると分からないことだらけだし、答えも真実も、あるとしたら自分の中にしかない。
なのになかなか自分を信じてあげられない。

時間がかかる事を私は肯定したい。すぐに分からないからこそ、伝わった時に深く心に残ることがあるってことを体験したい。
だから、手紙のやり取りをしてみたくなったんです。
休息のカードの意味を気にしつつも動き出してしまった。

手紙の企画をやっている時、何度も泣きました。私はバカなのかな?と思いながらも、
手紙を読んで泣いて、泣きながら返事を書く日々。

情緒不安定か、とツッコミを入れられそうですが・・・。意外と心は静かで、
これが今の私に必要だったんだなと感じていました。

休養になったのかは謎ですが、自分がやりたいと思ったことに没頭するというのは、きっと癒しなんです。
エネルギーをチャージする方法は人それぞれなんじゃないかなと。

そして思いがけず得た収穫は、勇気を出すことが一番自分に力をくれるんだということに気づいたこと。
頑張りたいと言うより、勇気を出したかったんですね。

不安になってもいい、自分を信じられなくってもいい。そんな事は仕方がないこと。それでも、やりたいことをやってみる。

そうすると力が湧いてくる。
※この”やりたいこと”っていうのがミソで、大抵ここを勘違いしてること多いんだけれど

失敗するかもしれない、でもやりたいことをやっちゃう。
そして、実際にやってみて実感できると失敗しても納得できて、そこに後悔はないんです。

うまくいくか、いかないかは問題ではない。やりたいことがあるなら、やったほうがいい。
当たり前のことを言っているようですが、人って驚くほどやりたいことを我慢しているんじゃないかな。
我慢させられているって思っていたり。

だから、人生うまく行っているように見える他人に対してやっかみがある人は、
私は我慢しているのに。っていう気持ちからなのでは。

「いろいろなやり方がきっとある。だから、もう我慢をやめるんだ。」

そう自分に言ってやりたい。そんな 今 です。

怪我はすっかり良くなりました!


新しい興味

手紙ってもらうのは嬉しいけれど、書くのは苦手。時間もかかるし。面倒だなぁ。。
そう思っていました。

けれど最近、時間がかかるからこその良さ。ということを考えさせられる機会がたびたび続いたのです。

映画から、たまたま読んだエッセイから、友人との会話から、、
さすがにここまで続くとこれは何かのメッセージかな?と私は思いました。

今はどこでもだれとでもすぐに繋がれる便利な世界です。それはとても素晴らしいこと。
欲しいものはすぐ届くし、分からないことも調べればすぐに答えを見つけられる。

けれどその一方で、
便利さとは他のところにある大切な何か、に気づけずにいるってこともあるのではないだろうか。

時代と逆行するようですが、カードで受け取ったメッセージを伝えるひとつの選択肢として、
手紙というツールは面白いのではないかしらと、そんなことを考えるようになりました。

私自身がすぐに答えを求め、待つことが苦手だからこそ、
時間も手間も掛かる手紙というものに惹かれたのかもしれません。

今までは本当に、んー、手紙かぁ。。。という感じだったのに。
けれど思い返せば、タロットをやってみたらと勧められた時も、
うーん、タロットかぁ、大変そう。。。
と思っていたのでした。

私の場合、苦手意識があることの中に宝物があるというのもまた事実。

この手紙は、普通の手紙とは違います。
未来の自分からの手紙です。
あなたが望む未来が、必ず存在しています。

その未来のあなたから今のあなたに手紙が届けられるとしたら、いったいどんな手紙なのでしょうか。
大切なあなたを想ったメッセージであることは、間違いないのではないかなぁ、と予想をしつつ。。。

さてさて実際はどうなのか、私もとても気になります。

「未来のあなたからの手紙」 受付は明日からです。

お申し込み、心よりお待ちしております。

HAURA 

写真は教会に行くと貰えるカードだそう。たしかフランスのもの。
とてもかわいい・・・